みずほ(波瑠)は、沖縄・名護のまちの一角にある「がじまる食堂」の若きオーナー。先代のおばあのレシピを受けついで、ひとりで食堂を切り盛りしている。日常のこと、恋のこと、何か悩みができた時は、まちの真ん中にある大きながじまるの木に心を打ち明け、自分の本当の気持ちを確かめていた。

そんなある日、見知らぬ旅行者・隼人(小柳友)が「財布をなくしたので、お金を貸してほしい」と、がじまる食堂に転がり込んでくる。隼人の人懐っこい笑顔と強引さに押され、しぶしぶ面倒をみるハメになるが、時同じくして元彼の翔太(桜田通)が5年ぶりに故郷に戻ってくる。翔太とは、高校時代から付き合い、上京した後も遠距離恋愛を続けていたが、ある事件をきっかけに別れていた。「みずほに会いたかった」と、思わせぶりな言葉を口にする翔太に動揺したみずほは、とっさにその場を逃れ、隼人に事情を打ち明ける。隼人は、慌てるみずほをからかいながらも「良かったら僕、あなたの恋人になりましょうか?」と、期間限定の恋人になることを申し出る。

不審がる翔太の前で、無理やりながら恋人同士のふりをするみずほと隼人。そこに翔太が募集した絵のモデルとして、謎の美女・莉子(竹富聖花)ががじまる食堂を訪ねてきた。意気投合した翔太と莉子は急激に距離を縮めていく。突然の展開と、複雑な四角関係に心揺らすみずほだったが、実は誰もが、小さな嘘と秘密を抱えていた…。